出張報告

ブルゴーニュって名のビール、煽り抜きでワインの味がする。

ドゥシャス デ ブルゴーニュ 

DUCHESSE DE BOURGOGNE

参考小売価格:550円ぐらい

産地:ベルギー・フランダース地方

品種: 麦芽、ホップ、小麦、糖類

購入元:サニーマート(高知のスーパー)

インポーター:小西酒造

ラベルにデカデカとブルゴーニュと記載されていたいので、「フランス・ブルゴーニュ地方」のビールと勘違いして購入しましたが、実はベルギー産のレッド・ビールと完全に誤爆買い物。

ブログコンセプト的に記事にするか悩みましたが、これからワイン以外の飲料もジャンルを超えた「出張報告」のカテゴリーとして記録していきます。本来ならワイン会や外食日記を出張報告で発表する予定でしたが、家庭内ルールがコロナ情勢に敏感な為、このような形をとることにしました。

このビールですが、地元の大手スーパー「サニーマート」の輸入ビールコーナーの目立つところに大々的に売り出されていたのですが、埃かぶってた外観に同情して購入しました。

といっても、家族で買い物に行ってたため、カゴにそっと忍ばせて会計は妻に任せると荒業でゲット。

もちろん、お叱りをうけましたが、買ってしまえばこっちのものですね。

一応店頭のポップではワインに味が似ていると書いており、かなり半信半疑だったのですが、飲んでみて納得のワインlikeテイスト。

色味は酒精強化ワインっぽく、味わいもシェリーやポートワインなんかのすっぱ濃い要素が特徴的です。

原料を見る限り間違いなくビールなのですが、何処を切り取ってもビールとは思えない複雑で奥行きのある味わい。微炭酸の濃厚タイプなので、常温でチビチビ飲みたい貴族的な飲み物。

容量と価格帯で考えると、千円ちょいのスパークリングが比較対象になるのですが、物珍しい味といった意味ではこちらに軍配が上がります。

語弊を恐れずに言うと、下手な激安ワイン(みえてる地雷ワイン)に手を出すぐらいなら、海外の変わり種ビールを経験した方が幸福度高いような気がして焦っております。

ただし、香辛料のような癖が強く、好みが分かれる飲み物なので、アルコール探求者以外にはあまり進めれない代物ですね。

庶民のアルコール飲料ポイント 

点数基準たるもの作成予定。

庶民のマリアージュ

自分では全く思いつきませんでしたが、店頭のポップではチョコレートってかいてました。結構合わなそうですけどね、、、。

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし