スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ボルドー地方

【ブランド】OR 【コスパ】 あなたならどっち?

ムーラン・ディッサン 2017

Moulin D’issann 2017

参考小売価格:2700円

産地:フランス/ボルドー

品種: メルロー 90%/カベルネ・ソーヴィニヨン 10%

購入元:プレミアムワインセラー(楽天)

インポーター:株式会社ボンド商会

ボルドーの格付け3級に君臨しているマルゴー村の「シャトーディッサン」ですが、一般庶民に格付けワインなんて縁がない代物。

しかし、セカンドラベルやサードラベルとなると、出会えないこともないので、当研究所も福袋で両方ゲット済み。そしてセカンドの「ブラゾン・ディッサン」はなんとPodcastの記念すべき第一回放送で採用した因縁のワイン。

セカンドがイマイチだったので、全く飲む気がせず、1年以上セラーで放置していた今回のワインを、何故このタイミングで抜栓したかというと、きっかけはこちらの記事を読んだからです。

端的に言って仕舞えば、下心。つまり「ワインの授業」最新エピソードで4時間目を担当していただいた野田祥子先生とご対面するなら、少しぐらいトリガーのあるワインを飲みながら話したいじゃないですか!!ってことで収録中にテイスティング。

初日は、会話を楽しみながら飲んでいたので、「これは旨い!」と唸りながら飲みました。しかし、雰囲気に流されてた感があったので、後日小瓶に少し残していた分を冷静に飲み直してみます。

香りは低く、インクっぽいネガティブな匂いが気にかかりますが、飲んでみるとスルスル系で軽めのボディ。余韻も浅く3千円ボルドーとして説得力に欠けるものの、ブランド力を考慮すると致し方ない値段設定なのかもしれないと自己処理します。

というのも、実はこの日、保存していたチリの「コノスルやインドミタ」と飲み比べしてみて、味わいのバロメーターに大差ないと感じたからです(あくまで私個人的見解)。

しかし、ブランド力も決して侮れない要素。なぜなら、このワインが収録中のボルドートークに弾みをつけたことも事実ですし、もっと突き詰めると、「ディッサンだからこそ話せた話」もあるというわけです。

純粋に味わいだけで価値を測れない「ワイン」という飲み物。様々な角度から切り取って評価しなくてはですね。。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):38点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :6点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:4点

主観:6点

総合得点:76点

庶民のマリアージュ

野田祥子先生との会話。

久しぶりに金賞ボルドーセット特攻しようかな↑笑

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。