フランス/ロワール地方

クレマンの名前だけで美味しく感じるのはなぜ??

ヴーヴ・アミオ・ジェイ・デ・ヴィラレ・クレマン・ド・ロワール・ブリュット/Veuve Amiot J.de Villaret Cremant de Loire Brut 

実勢価格:2100円

産地:フランス/ロワール

品種:シュナン・ブラン70%、シャルドネ15%、カベルネとグロローで15%

評価

購入元:アマゾン(京橋ワイン)

結論から出します。クレマンの名前だけで美味しく感じるのはなぜか。それは、格安スパークリングに舌が慣れているからです。

丁寧に1本ずつ瓶内二次発酵にこだわった製法にハズレがあるわけないじゃないですか。強いて言えば、甘口~辛口の好み次第で苦手なタイプに当たる可能性はあります。しかし、この1本は大当たりでした。

注ぎ終わった後の外観では、全く泡がないので心配しておりましたが、口に含むと、きめ細かな泡が、バチバチと暴れます。

高級スパークリングの部類に入る「クレマン」の冠ですが、その名に名前負けしない、力強い魅力があります。

手間暇をかけて造られているにも関わらず、この低価格。しかも、セットで購入したので、実質は千円以下で手に入っているから驚き。

コクと優雅さに勢力を欠きますが、あくまで、比較対象が5千円台シャンパーニュだった場合。この価格帯では信じられないほどのエレガントなバランスに富んでおります。

飲みながら香る、透明感のある柑橘類の交渉曲。しかし、フルーティーや爽やかなタイプではなく、ちらかと言えばリッチなニュアンスの方が強いので、幅広く活躍できるバランスの良いタイプと言えるでしょう。

刺身からデミグラスソースハンバーグまでのマリアージュの選択肢が多数あり、ベアリングに困った時に活躍できる1本です。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント