オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ローヌ地方

不覚、大きな勘違い。

キャロッド クレレット・ド・ディー トラディシオン ビオ

Clairette de Die Bio

参考小売価格:不明

産地:フランス

品種: ミュスカ75%、クレレット15%

購入元:アマゾン

インポーター:ワインキュレーション株式会社

アマゾンのゲリラセールで購入した自然派ワインスパークリングセット。

購入動機は、クレマン・ダルザスが千円以下ってことと、このクレレット・ド・ディーを飲んでみたかった事です。

セット内にミュスカ(甘く感じる品種)が2本入っているのは把握しておりましたが、クレレットだし辛口だろうと食事のタイミングで開てみました。

飲んでみると驚愕、このワインがミュスカ(マスカット)でした。

辛口表記なので、そこまで違和感はありませんでしたが、問題は、「クレレット・ド・ディー」ってディで生産されたクレレット100%の瓶内二次発酵じゃなかったけ?」と思っていました。

調べてみると、AOCクレレット・ド・ディーと、クレレットドディーは別物です。。

クレレットドディーはフランス最古の自然派スパークリングと呼ばれるワインで、個性的なアロマが豊かな発泡ワインとされています。(資料winebooksさま

日本に入るほとんどのクレレットドディはこちら側で、クレレット種100%のワインはほとんど輸入されていないとのこと。

教科書的なものだけで覚えると、このようなことが起こります。

知識はもちろん大事ですが、ワインは買って、飲んで覚えないとね♫

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com