オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

価格で選ぶと南仏ワインが増える。

ドメーヌ・アザン ルージュ 2019

Domaine Azan Rouge 2019

参考小売価格:1650円ぐらい

産地:ラングドック

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン/カリニャン

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー株式会社

地元の酒屋さんから次ロットから値上げと案内を頂いたので試しに購入してみました。

南仏の自然は赤ワインは苦手なのですが、箱ワインで味覚を鍛えてるので久々の瓶ワインだとどのように感じるかも兼ねてメンテナンスしてみます。

結論、3L3〜4千円の箱ワインと同レベル。

千円台前半で購入していたので適正価格ではあるもの、瓶で買う以上は箱ワインを超えてるく美味しさを求めてしまいます。

千円の自然派ワインは期待せずに飲みに行くので、そういった偏見もあるのでしょうか。

第一印象は身構えてたほど悪い印象なく、すんなり飲めます。

甘くないブルーベリーガムっぽさで、とっつきやすさがあります。

口当たり優しい軽めのボディ。酸味とタンニンが尖ってるので引っかかりはあります。

まぁ、悪くないってところですかね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アザン・ルージュ [2019] AZAN ドメーヌ・アザン
価格:1650円(税込、送料別) (2023/3/3時点)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com