スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
庶民の晩酌

セブンイレブン金のハンバーグ

健康寿命を意識する上でコンビニ飯は避けて当然の選択。

しかし、過度に拒絶していると、潜在意識が本当に「毒物」と判断し、人体に多大なる悪影響をもたらせます。

そのため、定期的にあえてコンビニ飯を取り入れることで、体内に免疫を作ることができるのです。

今回の材料

セブンイレブン金のハンバーグ

たっぷりハムとごろごろポテトのサラダ

これじゃ味気ないので、目玉焼きを投入

チーズとトマトを申し訳ない程度に添えて完成です。

合わせたワイン

ソン ド マル ティント バッグインボックス ボデガスミレニアム 

参考小売価格:税込み1404円

産地:スペイン

品種: グルナッシュ/テンプラニーリョ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

安ワインが箱になって激安ワインに進化したタイプ。

単体で飲むにはちょっとお察しなので、ハンバーグの濃い味でごまかしながらがぶ飲みしました。

庶民の晩酌ポイント

時短:19点

色気づいて目玉焼き焼いた分、満点にならず

手間:19点

同上

健康:4

私が重要視するタンパク質スコアはクリア。バランス的にはよいですが、加工肉は最も注意すべき食品。

価格:20点

ハンバーグ400円、サラダ250円、卵とチーズ100円、ワイン230円(500ml)で庶民の晩酌成立

相性:20点

ワインの欠点が完全に調和されマリアージュ成立。これぞ庶民の晩酌

総合点:62点

健康飯と手間はトレードオフ。罪悪感との戦いですね。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。