オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ドイツ

ゼクト、実は安合わせ最強説ある?

ヴィラ カトリン ダイデスハイム ゼクト ブリュット

VILLA KATHRIN SEKT BRUT

参考小売価格:2480円

産地:ドイツ

品種: リースリング

購入元:ヴェリタス(楽天)

インポーター:株式会社ワインプレスインターナショナル

ヴェリタスさんで購入した安泡セットから楽しみにしていた1本。

何故楽しみにしてたかと言うと、久しくドイツワイン飲んでいませんでしたし、ドイツのスパークリングともなると約1年ぶり。

あまり売ってませんし、出会う機会が少ないのが理由ですが、ドイツワインの情報サイトに興味深い情報がありました。

なんと、ドイツ国民の間ではスパークリングワインの人気が高く、世界最大のスパークリング市場とのこと。年間消費量は国民一人当たり4リットルなのも驚きの数字。なんせ日本ではワイン全体で3リットルぐらいでしたからね。

そんなドイツが造るスパークリングがまずいわけないじゃないですか。

といろいろ調べて気持ち高ぶらせて飲んでみました。

温度は冷え気味の5度スタート。

ガス圧は中の上。しっかりグラスの中で泡が踊ってます。瓶内二次発酵は伊達じゃないです。

香りはしっかりリースリング。白桃のほのかな甘味と熟したレモンの要素が心地よくボディーの厚みも感じれます。

目をつぶり、五感を研ぎ澄ませて飲むと、恍惚な気分になれるので、下手なシャンパンより飲んでて楽しいです。

定価2千円超えも納得のクオリティ。セットで千円ゲットは完全に勝利と言えます。

現地だとこのクラスのゼクトが4ユーロでラインナップされているとなると、ビールの本場なのにスパークリングの消費量が高いのもうなずけますね。

注意:当研究所では、高級ワイングラスを利用し、適性温度でテイスティングしております。冷蔵庫温度や常温のワインをマシンメイドグラスで味わった場合とは感じ方がかわりますので、その辺り差し引いてご閲覧ください。

本日の組み合わせ

泡物には揚げ物。チキンカツレツと合わせる。

レシピはコウケンテツチャンネル。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com