スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

苦手南仏シャルドネにチャレンジ

ドメーヌ・クードレ ヴァンドペイ・シャルドネ 2018

Chardonnay VdP d’Oc 2018

参考小売価格:1760円

産地:フランス・ラングドック

品種: シャルドネ

購入元:Tetsuya Wine Selections

インポーター:ベリーブラザーズ&ラッド

セレクトされているワインにただならぬセンスを感じるTetsuya Wine Selectionsさんのお試しセット第五弾

選ばれている産地や品種のバランスが良いので、このセットを購入すればどんな食事でも合わせることができるので、飲みてのシチュエーションを考えられてて好感が持てます。

そんな中、今回のワインは私が最も苦手とする南仏のシャルドネ。

シャルドネといえば、樽の風味が効いたブルゴーニュやカリフォルニアに、食事と合わせやすい辛口スッキリなシャブリや日本ワインを連想してしまうので、どうしても受け入れ体制が整いません。

Tetsuya Wine Selectionsさんのお勧めなので、苦手克服にワンチャンスあるかもと挑みましたが、イメージ覆らず撃沈。

濃厚な果実味でバランスもキレイ。苦辛の後味で食事との組み合わせも幅広いのですが、シャルドネを期待して飲むとこれじゃない感が払拭できません。

仮にヴィオニエやルーサンヌ、マルサンヌっと思って飲むと違った印象になるかもですが、先入観って重いですね。

価格も絶妙なラインなので文句の付け所はないですが、あくまで私の好みということで。

南フランスの気候の良さが表現された、明るく穏やかな白ワインです。南国フルーツの甘い香り、成熟した穏やかな酸味、優しいジューシーな果実味、飲み口のスムースさと飲み心地の良さが魅力的です。一口目から「美味しいなあ」と思えるバランスの良さがあります。バランスが良い って簡単な表現に聞こえますが、実は 最高の誉め言葉 であって、気兼ねなく楽しめるワインのキーワードになります。こういうワインがレストランのグラスワインでさらりと出てくると嬉しいですね。減農薬栽培のシャルドネをゆっくりと醸し、クリアで瑞々しく果実味が膨らみます。アプリコットやマンゴーの明るい香り、ふくよかな果実の旨みがひろがり、きめ細かい酸味が余韻まで口中を長く包む、エレガントなワインです。栓にスクリューキャップが使われています。室内外場所を問わず、様々なタイミングで楽しめる一本です。また料理を選ばず、様々なフードと楽しめる白ワインとして活躍する機会が多いと思います。日々のワインライフを楽しくできる良質の白ワインです。

https://www.tws-online.jp/blog/tws-5botlles-box5/

たしかに、レストランのグラスワインでさらりと出てきそうですし、事実食事と合わせることで表情は変わります。

本日の組み合わせ

たら鍋の予定でしたが、ワインの相性を考え急遽ムニエルに変更。食事とともに合わせる前提で飲むと素晴らしいワイン。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。