スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
チリ

最高のタイミングでボトリングその2

ティエラ・スール スパークリングワイン

Tierra Sur Sparkling Wine

参考小売価格:1400円

産地:チリ・ヴィオヴィオヴァレー

品種: シャルドネ60%、ピノノワール40%

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

モトックスさんの低価格スパークリングを制覇したため、次なるインポーターとして目星をつけたのが今回の木下インターナショナルさん。

手始めにハズレ率の低い、チリのロゼから入り、今回は同じシリーズのスタンダードなスパークリング。

説明文を読む限りロゼと全く同じ製法なので、

手摘み収穫された葡萄は丁寧に運ばれ除梗・破砕後、温度管理された発酵槽内で発酵。二次発酵はシャルマ方式で行われる。ワインにより複雑性を持たせるため45~60日間澱と一緒に熟成し、最高のタイミングでボトリング。

https://www.kinoshita-intl.co.jp/products/detail.html?id=455&

「手積み」「丁寧」「絶妙な」「25日間」「45日間」「最高のタイミングでボトリング」「二次発酵はシャルマ」

ってキーワードが妙に鼻につきますが、安泡ということで、冷蔵庫温度から飲み始めます。

冷やしすぎ故に、初めは面白みのない平凡な安泡って印象でしたが、ポテンシャルを発揮するのは8〜10度頃で泡が抜けてから。

ピュアな果実感に、引き締まった酸味。

青りんごの香りから始まり、終始フレッシュなフルーツ要素をドライな味わいで堪能できる辛口ワイン。

平凡な安泡って、温度上がったら砂糖水っぽくなることを考えると、そこそこ優秀ですよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 昼間のカジュアルのみ。大衆居酒屋メニューを1本通しで

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。