イタリア/中部

マルケ州のワインってどんな印象ですか?

ボッカディガッビア ロッソ・ピチェーノ 2016

Boccadigabbia Rosso Piceno 2016

参考小売価格:2300円

産地:イタリア・マルケ州

品種: モンテプルチアーノ60%、サンジョヴェーゼ40%

購入元:鬼田酒店

インポーター:株式会社ラシーヌ

濃いワインがやたら飲みたい気分の時ってないですか?

そんな時は中央から南のイタリア赤ワインがぴったり♫

傾向的には南に降りるほど甘濃くなってくる印象ですが、マルケ州はアドリア海に面したイタリアの中央に位置しているので、実際飲むまでどれぐらいの濃さか想像できずにいました。

外観は濃く、透過性ゼロの黒紫。アルコール度14.5%の表記がテンションを上げてくれますが、粘性はそこまで感じません。

口に含んだ第一印象はただただ渋い。収斂性が高く、お世辞にも飲みやすいとは言えない近寄りがたさがあります。

飲み進めていくうちに塩味も感じられ、私には分からなかったこのワインの魅力は、何処かにあるんじゃないかなって感じてます。

定価2300円を考えると、語尾を濁したくなる面はありますが、食事との組み合わせ次第では大化けしそうなポテンシャルは感じるのでそれはそれで良しとしましょう。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):42点

生産地:2点

アロマ :6点

バランス :3点

余韻 :5点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:3点

総合得点:70点

庶民のマリアージュ

肉とか適当に焼いて焼肉のタレなんかつけたら合うんじゃないでしょうか(適当)

過去に購入してよかったイタリアセット↓

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし

画像タイトルや代替えテキスト