イロモノワイン

白と赤で変わる許容範囲。

ワンワイン メルロ

ONE WINE Merlot

参考小売価格:550円税込み

産地:南フランス

品種: メルロ

購入元:アマゾン

インポーター:サントリーワインインターナショナル株式会社

ブラックフライデーセールをきっかけに、以前から気になっていたONE WINEにトライ。

1缶目に飲んだソーヴィニヨンブランや2缶目に飲んだシャルドネが本格的安ワイン(良い意味で)だった為、今回のメルロもある程度期待しながら挑んでみました。

飲んでみた感想としては、「あれ、自分、メルロの味わかってないんかな??」

と首をかしげます。

ワイン好きでも意見は様々ですが、筆者の場合、白はたいてい受け入れれるけど、赤は好みじゃないと飲むのが辛かったりします。

赤ワインが好きか、白ワインが好きか。

そんな質問に対して、不毛なクエッション(どっちも好きに決まってるやんけ、飲みたい気分にもよるわ!)なんて尖っていた時期もありますが、今は断然白ワイン派。

朝から飲めたり、食事と合わせやすかったり、歯にステインが付着しなかったりと、日常的に飲むには白のようが汎用性高いんです。多少水っぽくても水として楽しめますし、炭酸割りやロックにしても違和感なく飲めます。

もちろん「当たった時の赤」は破壊力抜群。異次元の世界に連れて行ってくれますし、記憶に残りやすいのも赤ワインだったりします。

あくまで当研究所が「定価」で地雷回避の線引をするならこのような形です。

〜1000円 スパークリングワイン、ロゼワイン

1000〜2000円  白ワイン チリ、スペイン、南イタリア

2000〜3000円 自然派、オレンジ、日本、NZ、豪

3000円〜 赤ワイン、仏、独、伊、南ア

たまに掘り出し物もあるので、今回のように挑戦はしていくんですけどね。

本日の組み合わせ

食後の追い込みワインで

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材