フランス/ブルゴーニュ地方

SO2無添加ってワード好きな人多い。

ルイ・テット/アンヴィ:ボジョレー・ヌーヴォー 2022

Louis-Tete/En Vie:Beaujolais Nouveau

参考小売価格:2530円

産地:フランス・ブルゴーニュ:ボジョレー

品種: ガメイ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社稲葉

船便ヌーボーセットのルイ・テット3本目。

ルイテットさんは今回始めて知った生産者なのですが、ツイッターでの反応は「知る人ぞ知るボジョレー・ヌーボー生産者」どころか、「知ってて当然の優良生産者」といった位置づけ。

実際に2022年は他の生産者に比べてダントツで美味しいと感じましたし、名前も短めで覚えやすいですからね。来年もこのセットが売られてたら買おうと思った次第です。

今回のワインはエチケットの絵柄から自然派ワインの雰囲気がでていました。独創的でポップで柔らかい印象の絵柄ですが、ワインの味わいもそのイメージにピッタリ。

他のルイテットヌーボーと比べると、引っ掛かりのあるエグミがありますが、逆にアクセントになって良いと感じる人はいるでしょう。

あとはSO2無添加ってワードの力ですよね。

私自身はむしろネガティブに感じるのですが(言葉に頼ってる所が鼻につく)、SO2無添加信仰が高い人は多くいらっしゃいます。そして気にする人は細かい人が多い印象。現に販売ページの注意書きには

このアイテムはSO2無添加で醸造していますが、SO2は醸造過程において自然に発生するためバックラベルには「酸化防止剤含有」と表示しております

https://a.r10.to/h5ej8F

とあり、事前にクレームを防いでおります。おそらく過去にそういった問い合わせがあったのでしょう。少量のSO2でワインの味がどうだとか、人体への影響だとか、色々考えてたら生きづらいと思いますけどね。

本日の組み合わせ

しゃぶしゃぶに合わせる。ワインが優しい味なので、料理を選ばないかも。

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材