フランスその他

南フランスのマディランといえば??

レ・ドゥ・ヴァッシュ・ルージュ 2017

Les 2 Vaches Rouges. 2017

参考小売価格:1850円

産地:南フランス・マディラン

品種: タナ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Les 2 Vaches Rouges. 2017

フランスの庶民的地域といえば南の方になるのですが、いざ地域や品種を覚えようとすると、他のフランス地域と比べてイマイチ頭に入りにくかったりします。

そんな覚えにくい南フランスの地域と品種の組み合わせの中で一際覚えやすいといえば今回の「マディラン✖️タナ」なんですよね。

恥ずかしながら、今回が当研究所初めての体験となるので、このワイン次第で今後の「マディランxタナ」の印象が大きく左右されるといっても過言ではありません。

そんな中、淡い期待を持ってテイスティング開始。

色は濃く、香りも濃厚で、凝縮された黒系果実が主体。多少華やかさも感じるので、カジュアル路線としては好印象。しかし口に含んだときに、感じるボディは軽く、その辺りはテーブルワインっぽいといえば納得できる味わい。

比較対象でいうと、最近テーブルワインで絶賛した「ドメーヌ・ポール・マス クロード・ヴァル」になるのですが、単純に味わいだけで比較すると甲乙付けにくいクオリティ。

しかし、値段はポールマスの2倍って考えると評価は140度ほど変わります。

あえて予備知識なしで飲んだ時に、「うーん、千円以下ワインなら頑張ってるレベル」って偉そうに評価して、開けてびっくり税込二千円越えクラスですからね。

旨い、不味いで白黒つけるなら「旨い」部類には入るものの、テーブルワインってカテゴリーからは一ミリも超えることのできない、「単調さ」「軽さ」「味わいの浅さ」が存在します。

ファミレスのグラスワインよりは上のレベルですが、「人気」大衆フレンチのグラスワインレベルなので、もう少し安い価格設定なら褒めちぎっていたかも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):46点

生産地:2点

アロマ :5点

バランス :4点

余韻 :5点

複雑性:3点

買いやすさ:3点

主観:4点

総合得点:72点

庶民のマリアージュ

  • ボロネーゼ
  • 焼き鳥レバー(タレ)
  • テリヤキバーガー
  • 青椒肉絲

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント