フランス/ロワール地方

ピノ・ドニスって聞いたことありますか?

レ ジャルダン ド テゼィ ピノドニス ジャルダン デュ ポワラ 2018

Les Jardins de Theseiis Pineau d’Aunis Jardin du Poira

参考小売価格:3300円ぐらい

産地:フランス・ロワール

品種: ピノ・ドニス

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー

酒屋さんから注目ワインの入荷LINE頂くのですが、通知が多すぎてまとめて確認する習慣が付きました。ところが、一週間後に目星のワインを頼んでも欠品が多く、知ってる人は内輪で美味いワインこそこそのんでるんやなぁ〜とか思う今日このごろ。

そんな折、店主さんが、これは超人気でラスイチだから絶対に買ったほうが良いとゴリ押しされたので、半信半疑で買って飲んで驚愕。

もう初動から殿堂入りを漂わす完成度。

空気を吸うかのごとく、なめらかに口内に溶け込む液体は、ライトボディーの赤ワイン好きが1000%好むであろう味わい。

優しい味わいで、フルーティーを主軸にしながら、決してジュースっぽさがない不思議な感覚。

舌の上にワインを乗せても、全く重さを感じないキレイなワイン。

「ワインは重くて濃いのがいいんだ!」って人に新境地を広げてもらいたい1本。

庶民のワインとしては高価な部類ですが、買いやすさがあれば殿堂入り級です。

ってまとめ終えるとこでしたが、ピノ・ドニスって聞いたことありましたか?

私はてっきりワインの名前と捉えていましたが、なんと品種名。

初めて飲む(きく)品種なので、今回のワインがピノドニスの味とメモリすることにします。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

1杯のグラスに注がれたワインを全集中の呼吸でのむべし。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし