チリ

待望ゲットのデザートワイン「しん」の実力

インドミタ レイトハーベスト 2019

INDOMITA LATE HARVEST

参考小売価格:1100円ぐらい

産地:チリ・カサブランカヴァレー

品種: ゲヴェルツトラミネール/ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:リカーマウンテン

インポーター:株式会社都光

前評判もよく、安心のインドミタシリーズなので美味しさは間違いないのですが、ずっと飲めずにいました。

去年から探していたのにもかかわらず、タイミング的に売り切れが続いており、やっと手にとった次第です。

飲む前から「だいたいこんな味だろうな」と予想しておりましたが、その「だいたい」で想像していたのはドイツのアイスワインクラス。言うならばボトルで3〜5千円はするだろう味わいを身構え飲んでみます。

結果的には値段を何度も確認してしまうレベル。この味で千円はありえません。職人が握った大間の大トロが100円で出てるレベル。

ただ甘いだけでなく、果実由来の酸が通っており、ナチュラルに極甘口を堪能できます。

ワイン取り扱い飲食さんに是非定番のデザートワインとして取り扱ってもらいたいレベル。

普段同じワインをリピートすることない当研究所が複数買いするといえばその凄みがわかるでしょうか。ワイン好きなら常備しておきましょう。

本日の組み合わせ

クロアチア戦を観戦しながらゆっくりとミッドナイトを楽しむ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材