オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

カベルネ・ソーヴィニヨンにもタイプがある

グラント バージ ジービー 88 カベルネ ソーヴィニョン 2021

GB88 Cabernet Sauvignon Grant Burge 2021

参考小売価格:1870円

産地:オーストラリア

品種: カベルネソーヴィニヨン

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

SNSで超話題のシンワインセットから一番期待していなかったワイン。

理由としてはオーストラリアの千円台カベルネソーヴィニヨンに良い思い出がないから(2千円台のフェニックスは感動級でした)。

サンプル(分母)が少ないのですが、それは印象が悪すぎるからチャレンジする気すらもわかないとも言えます。

この機会に千円オーストラリアワインへの認識を改めたいところですが、有識者セレクトであることが逆にハードルを上げてしまうのも事実。

特に、がっかりしてしうまうケースは期待値とのギャップだったりします。なので過度な期待感を抑えつつなるべくフラットな感情で飲んでみました。

一口目は可もなく負荷もなく。2〜3杯目通しで飲んでると、このワインの主張したいポイントが分かってきます。逆に言えば「思考していかないとわからない」奥深さがあるということ。悪く言えばわかりにくいと言いますか、ワインだけ飲んでキャッチーに美味しいとは言い難いところがあります。

それを紐解くためにはセットワインのコンセプトを見直す必要があります。

「初夏にピッタリ」で「推薦ペアリング」があるということ。

いわば、「暑い季節に、食事と合わせて飲んでね」というメッセージをしっかり理解しないといけないのです。

しょっぱさや酸味の強さ、切れ味のあるドライな飲み口。「濃厚甘々なカベルネ・ソーヴィニヨン」を身構えると味覚が驚くかも。

酸味タイプを理解するにはある程度のワイン舌が必要になりますし、逆に上級者味覚になると酸味がないワインは評価されにくいです。そのあたり「推薦ワインに対しての誤解」を生みやすいかもしれません(ベテラン愛好家と初心者では好みが違うということ)。

私自身の評価はあくまで定価どおりなので、最初に抱いた「可もなく不可もなく」といったところでしょうか。テーマ的に「シンワインセット」にぴったりですし、自分では選ばなかったであろうワインと考えると「買ってよかった」という気持ちに偽りはないです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com