オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

昔は苦手だったタイプ。今は、

フルール・ド・シャルロット ヴィオニエ

Fleur de Charlotte Viognier

参考小売価格:1000円ぐらい

産地:フランス

品種: ヴィオニエ

購入元:カルディ

インポーター:株式会社オーバーシーズ

気軽に飲める白ワインのストックがなくなったので急遽カルディへ調達にいってきました。

カルディは圧迫感のある売り場と人混みが苦手なので、めったに足を運ばないのですが、ポップの作り方や売られているワインのセンスが良いですね。

マイバックの容量が6本しか入らないので厳選に厳選を重ねた6本を選び、その中の1本がこちらであります。

厳選に厳選をとは言ったものの、1000円前後となると選択肢は限られてきますからね。その中で選ぶとなると「冒険したいワイン」「気分的に飲みたいワイン」「安心感のあるワイン」と目的別にチョイスしたくなります。

このワインのテーマは安心感。

ワイン飲み始めの頃はヴィオニエの良さが全く理解できなかったのですが、「安ヴィオニエはお茶みたいなもの」だと悟った時、食中酒としての万能さに気づかされます。

硬度が高いので、他の品種では味わえない違和感があるんですよね。

果実味は高いのに果実の要素が感じにくかったり、華やかな香りなのに、うっとりする香りでなかったり、そういったニュートラルな側面が食事の邪魔をしないワインとして秀逸。

このワインも曲者イカの塩辛と合わせてみましたが、全く違和感なく調和します。

オリーブオイルで火入れしているので、多少ペアリングのハードルは下がっているものの、他の白ワインだと生臭さ出てきた気がします。

1000円以下で自分の狙い通りの飲酒体験ができると言った意味では、実店舗での買い物も捨てたもんじゃないですね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com