オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/中部

イタリア品種のオールスターブレンド

エディツィオーネ チンクエ アウトークトニ ファルネーゼ 2018 

Edizione Cinque Autoctoni Farnese 2018

参考小売価格:4500円ぐらい

産地:イタリア・アブルッツォ州

品種: モンテプルチアーノ、プリミティーヴォ、サンジョヴェーゼ、ネグロアマーロ、マルヴァジアネーラ

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:株式会社稲葉

うきうきワインさん(楽天)のブラックフライデー福袋(中身詳細)でゲットした1本。

5本の中で一番気楽に開けれそうで、何より一番おいしそうだったのが今回のワイン。

ポイントはブレンドされている品種の数と種類。

イタリアの固有品種オールスターの如く、モンテプルチアーノ、プリミティーヴォ、サンジョヴェーゼ、ネグロアマーロ、マルヴァジアネーラがセレクトされており、単一では出せないチューニングされた味を期待します。

そもそも「ブレンド」されるのですから、自ずと「美味しく調合」されているはずなのです。配分が細ければ細かいほどこだわりを感じます。

そんなこのワイン。やはり一口目から旨い!ってなりますね。

甘濃系なのでグラス1〜2杯で飲み飽きますが、酸もしっかりなので「甘〜い」とはなりません。

真っ黒の外観。プラム、ハーブ、ミント、濃厚なコンポート果実にセージの要素。優しい口当たりから、パワフルなアルコール。チョコやバニラの風味も有り、複雑な要素が堪能できます。余韻も長く一日の終りにはぴったりな反面、飲む場面は限定的ですね。

美味しいとは感じるものの、3千円でも「ん?」ってなるのは貧乏性なところがあるからでしょうか。南イタリアの安濃いワインで代替え可能なタイプかも。

本日の組み合わせ

食後のデザート的なタイミングで

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com