イタリア/中部

イタリア品種のオールスターブレンド

エディツィオーネ チンクエ アウトークトニ ファルネーゼ 2018 

Edizione Cinque Autoctoni Farnese 2018

参考小売価格:4500円ぐらい

産地:イタリア・アブルッツォ州

品種: モンテプルチアーノ、プリミティーヴォ、サンジョヴェーゼ、ネグロアマーロ、マルヴァジアネーラ

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:株式会社稲葉

うきうきワインさん(楽天)のブラックフライデー福袋(中身詳細)でゲットした1本。

5本の中で一番気楽に開けれそうで、何より一番おいしそうだったのが今回のワイン。

ポイントはブレンドされている品種の数と種類。

イタリアの固有品種オールスターの如く、モンテプルチアーノ、プリミティーヴォ、サンジョヴェーゼ、ネグロアマーロ、マルヴァジアネーラがセレクトされており、単一では出せないチューニングされた味を期待します。

そもそも「ブレンド」されるのですから、自ずと「美味しく調合」されているはずなのです。配分が細ければ細かいほどこだわりを感じます。

そんなこのワイン。やはり一口目から旨い!ってなりますね。

甘濃系なのでグラス1〜2杯で飲み飽きますが、酸もしっかりなので「甘〜い」とはなりません。

真っ黒の外観。プラム、ハーブ、ミント、濃厚なコンポート果実にセージの要素。優しい口当たりから、パワフルなアルコール。チョコやバニラの風味も有り、複雑な要素が堪能できます。余韻も長く一日の終りにはぴったりな反面、飲む場面は限定的ですね。

美味しいとは感じるものの、3千円でも「ん?」ってなるのは貧乏性なところがあるからでしょうか。南イタリアの安濃いワインで代替え可能なタイプかも。

本日の組み合わせ

食後のデザート的なタイミングで

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材