オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ブルガリア

激安ピノ・ノワールfromブルガリア

サイクル ピノ・ノワール 2017

Cycle Pinot Noir 2017

参考小売価格:1250円

産地:ブルガリア/トラキアン・ヴァレー

品種: ピノ・ノワール

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Cycle Pinot Noir 2017

明るいうちに飲む赤ワインって、やっぱり軽めのボディがいいじゃないですか。

そんな気分に寄り添ってくれる品種ピノ・ノワールですが、意外と濃い味があるのを忘れてました。

今回のワインは、エニーラを筆頭とし、低価格でも良い印象しかない「ブルガリア」と、現地と変わらない値段設定に定評のある「モトックス」のゴールデンコンビ。そんな先入観故に期待値高めでテイスティングしちゃいました。

よく言えば、「生き生きとした果実味。イチゴを連想させる赤系果実主体のフレッシュな香。微かに血液、草、ミントの要素も感じられる。口に含むと果実のはっきりとした甘味が印象的だが、徐々に酸も立ってきてバランスは整っている。余韻の方でタンニンも出てくるので、価格帯を考慮すると適度な複雑性を持っていると言えます。

まぁ悪く言えば「ちょっと背伸びしたフルーツ爆弾の単調な味わい。」

万人受けする分かりやすい味に仕上がってる一方で、普段レンジが3千円クラスならび、熟成ピノや繊細ピノが好みの人には絶対にお勧めしないタイプ。

まぁ、安いは正義なんですけどね。。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:2点

アロマ :6点

バランス :4点

余韻 :3点

複雑性:2点

買いやすさ:3点

主観:6点

悪いニュアンスに伝わったかもしれませんが、実勢価格千円を考えると大健闘。しかしコノスルクラスのメジャー安ワインと比べると多少ランクは落ちます。

総合得点:76点

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com