スペイン

久しぶりの「リオハ」。テンプラニーリョってこんなに旨かった?

ドメコ・デ・ハラウタ リオハ・ソトマジョール ベンデミーア・ミア・セレッショナーダ

Domeco de Jarauta Rioja Sotomajor Vendemia Seleccionada

参考価格:2376円

購入価格:1980円

産地:スペイン/リオハ

品種:テンプラニーリョ種90%、グラシアーノ種5%、マスエロ種5%

購入元:ワインクラブ30(フィラディス)

インポーター:株式会社フィラディス

庶民のワインポイント:88.3点

久しぶりの「スペイン・リオハ」です。

スペイン産ワイン全般に言えることですが、

「その味わいで得られる満足度は、他国産なら1.5倍の価格」

一言で言うと、安い。

今回のワインも例外でなく、2千円でありながら、気持ち的には3千円ボルドーを飲んでいるような気分になれます。

「テンプラニーリョ」こんなに好きだったけ?

なんて自問自答が始まるほどの評価。

同価格帯のカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロとは一線を画するポテンシャルを秘めてます。

この2016年の若いビンテージながら、「樽々スモーキー」な風味が「とっても自然に感じます。」

そう、若安ワインでありがちな、とってつけたような人工的な燻製臭ではないのです。

そして、高級ワインでありそうな、「焦げた土のニュアンス」

ゆっくり浸りながら飲むべきワインっぽさを持ち合わせながら、気軽に飲んでも罪悪感が生まれない「スペインワイン」

この価格帯、このヴィンテージでこれなら、グランレゼルバ(長期熟成)やリオハ・アルタ(銘醸地)ならどんなことになるのか、「庶民のワイン」という枠組みを抜きに試したくなってきます。

庶民のワインポイント

価格:80点

生産地:79点

スペイン最高ランクのDOCa

買いやすさ:85点

6本で送料無料

売り文句:85点

読んでいて、ピーンっとはきませんが、嘘はついてません。逆にもっとオーバーに表現してくれても気持ちいいぐらい。

アロマ:68点

注いだ時には香りませんが、鼻を近づけると、パワフルなアロマが。

複雑性:89点

10個はスラスラと出てきます。

余韻:47点

一定期間は残ります。

たいがくんP:86点

1日でなくなりました。これが何を意味するのか。

加算点前の平均:77. 3点

メディア:5点

ロバート・パーカー氏大絶賛ワイン。

生産者:0点

検索の結果、他のラインナップは見つかりませんでした。

SNS:6点

リツイートいただきました。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント