オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

ニコラ・ポテルさん、生産者追いしたくなりますね。

ブルゴーニュ シャルドネ 2016 ニコラ ポテル

BOURGOGNE CHARDONNAY 2016 NICOLAS POTEL

参考価格:2200−3000円ぐらい

購入価格:1980円

産地:フランス/ブルゴーニュ

品種: シャルドネ

糖度:7度

購入元:ワインナビ

インポーター:重松貿易

当研究所の中で、ブルゴーニュといったらラックコーポレーション(輸入会社)に良いワインによく当たる印象があります。

しかし、このワインのインポーターである重松貿易さんは、悪い印象がない分、感動度指数もラックさんには劣るイメージ。

実は、このワインの生産者は「ニコラ ポテルさんは、以前、ソムリエのきんさんから献上していただいたグランクリュワインと同じ生産者。

決して悪くない印象ながら、ACブルゴーニュクラスを絶対に味わいたいと思っていたので、絶好の機会です。

結論から言うと、グランクリュ(特級畑)のワインを飲んだ時より感動度指数は上(もちろん値段を踏まえた上で)。

味わいは、甘さ控えめながら余韻でうっとりできる、ザ・エレガントタイプ。

このクラスでありがちなフレンチオーク爆弾(樽のニュアンスで果実味を誤魔化す)なんて皆無で、しっかり果実味を感じさせながらオーク風味を主体としている完璧なバランス。

偏見的に、安いブルゴーニュワインだったら、同じ価格帯の新世界ワイン(チリ、アメリカ、南アフリカ、オーストラリア等)のワインの方が満足できるなんて話を聞かなくもないですが、当研究所の見解では、当たりブルゴーニュの破壊力を侮るなと言いたいです。

今までACブルゴーニュでは嫌な思いを数多くしてきましたが、「ワインナビ」さんで購入した厳選されたACブルゴーニュワインは総じて満足度指数が高く、今後の購入頻度も増えることが予想されます。

ちなみに、この日に味わったポテトサラダ、次の日に食べたマカロニサラダと究極のマリアージュ成立。マヨネーズ系の料理との相性は抜群の一言ですよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:4点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:0点

インポーターさんのページみつからず、ワインナビさんはコメントなし。

https://winenavi.jp/put.php?no=1916

アロマ:4点

複雑性:4点

余韻:4点

バランス:5点

たいがくんポイント:5点

やっぱブルゴーニュなんだよなぁ。

総合評価:Aマイナス(値段以上の味わい)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。