家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
アメリカ

初めて味わうワシントン州のワイン

ミッシェル・ブリュット ドメーヌ・サン・ミッシェル

Dom. Ste. Michelle Brut

参考小売価格:2490円

購入価格:1800円

産地:アメリカ/ワシントン/コロンビアバレー

品種: シャルドネ/ピノ・ノワール/ムニエ

購入元:CAVE de L NAOTAKA

インポーター:株式会社ファインズ

Dom. Ste. Michelle Brut

世界のスパークリングワインセット1本目。

初めて出会ったアメリカワシントン州のワイン。品種はシャンパーニュブレンドなので、必然的にシャンパーニュ的な味わいを期待してしまいます。

泡立ちは上級レベル。力強い気圧がグラスの中で湧き上がっております。

香りは意外とすっきりフルーティー系。脳内で勝手に濃厚ナッツをイメージしていた為、思わず苦笑い。

さっぱりとした飲み心地のわりに適度な濃密度を堪能でき、口の中で液体を噛んでみると歯応えすら感じます。

突起すべきポイントは後味の苦味。これが好き嫌いを大きく分けそうですが、食事とのペアリングを考える分にはグッドかも。

しかし、調子に乗って魚のすり身や納豆と合わせてみましたが、生臭さ爆発でペアリング失敗。

この苦味、曲者です。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):40点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :5点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:5点

炭酸が半抜けすると、安カバ(スペインのスパークリング)的な金属テイストあり。普通に飲む分には購入価格ぐらいのクオリティは楽しめます(定価はアウトかも)。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代