オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

今年のヌーボー明らかにアタリ。

ルイテット ボジョレーヴィラージュヌーボー キュヴェサントネール 2022

Lois-Tete/Cuve du Centenaire 2022

参考小売価格:5160円

産地:フランス・ブルゴーニュ・ボジョレー

品種: ガメイ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(稲葉)

インポーター:株式会社稲葉

ボジョレーヌーボーはお祭りだとかイベントワインだとか、本来の「味」以外の部分に付加価値を持って行きがちですが、2022年のヌーボーはアタリと感じています。

2020年、2021年と比べて明らかに「美味い!」と一口目から感じました。

飲むスピードが普段より早くなります。

このワインもシャンパン1本飲み終えてから開けましたが、1時間程で完飲。

クリスマスの高揚感の中で、しっかり存在感をアピールしてくれました。

バナナ、杏仁豆腐、キャンディといったボジョレーヌーボーらしい要素に、甘すぎないバランス。

肉料理との相性も良く、ヌーボーという色眼鏡抜きに「ワインとして美味しい」レベル。

参考定価5千円超えてたのには苦笑いですが、2千円ゲットなら大満足の逸材。

未だ在庫ありなので、騙されたと思って試してもらいたい今年のボジョレーヌーボーです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com