フランス/ローヌ地方

上級者用のデイリーワイン的ポジション。

イル・フェ・ソワフ 2017 マキシム=フランソワ・ローラン

il fait soif 2017 Maxime Francois LAURENT

参考小売価格:3100円

購入価格:1860円

産地:フランス/ローヌ

品種: グルナッシュ80%、シラー20%

購入元:鬼田酒店

インポーター:ラシーヌ

il fait soif

無性にナチュールワインが飲みたくなってきた時、その欲求を高い確率で満たしてくれるのがラシーヌ輸入ワイン。

芸術的で特徴的なエチケットが癖の強さを物語っていますが、実際の味もかなり曲者。

とても濃厚な果実味なのに、酸味主体で余韻に切れ味があります。

プラム系果実が主な要素で、湿った土のような要素が見え隠れ。複雑でありながら他にどんな要素があるかは掴みきれない玄人的味わい。

明るいうちに飲むのはかなりヘビーですし、複雑で濃厚な料理との組み合わせで印象が変わりそうなので、ディナーの場面限定で飲むべきワイン。

端的に旨いか不味いかで問われると、「難しい味わい」と語尾を濁してしまう上級者ワインなので、庶民のワインとは言い難い味わいです。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):36点

生産地:3点

アロマ :6点

バランス :5点

余韻 :5点

複雑性:8点

買いやすさ:3点

主観:3点

総合得点:69点

庶民のマリアージュ

庶民が日常で食べる料理と組み合わせるには難しいですが、エバラ焼肉のタレがあればカバーできるかも。

輸入元ラシーヌがなぜ優れたインポーターなのかがわかる本(忖度、案件感あり)↓

当研究所が今一押しのワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし

画像タイトルや代替えテキスト