フランスその他

「殿堂入り庶民のワイン」安くても良いワインはあるんです。

1885 ルイーズデュボアカベルネ・ソーヴィニヨン 2017 750ml1885 LOUISE DUBOIS Cabernet Sauvignon

参考価格:690円

購入価格:656円(まとめ買い割)

産地:フランス

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:リカオー(地元の酒屋)

インポーター:株式会社ルミノ・ヴィーノ

高いワイン(2千円以上)は美味しくて当たり前。

しかし、庶民がなまじ高いワイン(2千円以上)を飲もうとすると、予習や復習、体調、料理とのペアリングに必要以上に神経をつかい、1本抜栓に体力と気力が必要なのも一つの懸念材料。

そうです。安価なワイン最大の魅力は、気負わず飲めるところ。

このワインは、まさに、

「あー、なんか、ウンチク調べんながら飲むのかったるいなぁ」クルクルポンッ

家で100グラム200円の輸入ハラミを、ホットプレートで焼きながら飲んで、マリアージュ成立。

純粋に果汁味だけで勝負してくれるオーガニック的アロマ。さすがフランスといったところか、化粧っ気を感じさせないナチュラリーなカベルネ・ソーヴィニヨンに、前回味わった同シリーズのピノ・ノワールさえも凌駕させる。

ドライハーブ、すみれ、チェリー、かすかに黒胡椒。

軽いアタックに、コクがない味わいで熟成感や複雑性はないですが、。安価な早飲みタイプにありがちな水っぽさは皆無。

そんなものは存在しませんが、「ボルドーヌーボー的」なニュアンス。

ボルドーでもメドックやサンテミリオンとはまた違った、グラーブ的な立ち位置。

思わず、こんな安くていいの???

と胸の中で語り続けてしまいます。

最初に同シリーズのシャルドネを紹介したときは、大量に売れ残ってて同情心で購入したとお伝えしましたが、前言撤回。

リカオーのバイヤーさんが本当に自信をもって大量仕入れしている、看板的ワインの立ち位置だと確信。

普段新世界カベルネ・ソーヴィニヨンに慣れている方は、全く違う品種に思えるほどスッキリしていて、思わず肩透かしをくらうかもしれませんが、バランスは綺麗です。以前紹介した「コノスルリゼルバ」もあっさりしていましたが、コノスルは人工的ワインといった意味で、今回のワインは全く別の味わい。

価格並みとか、安いからといった言い訳はしません。若干残る酸味に賛否が別れる懸念はありますが、庶民のワイン研究所太鼓判のワイン。

販売サイトコメントの複雑性には「?マーク」がつきますが、そんなものはご愛嬌。

全「安ワイン愛好家」の皆様に是非ジャッジしていただきたい、1本でした。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント