3分で高めるワイン偏差値

『保存版』抱き合わせ商法に騙されるな!セットワイン購入攻略法

全てのワインショップで販売されている、「ワインセット」

そんなワインセットの最大の魅力は何と言っても、

「割引」

して、ワイン選びをできない初心者には、ある意味、ワイン選びの良い指標でもある一方、

悪い意味合いでは、

お店の都合で選ばされている感が否めないのも一つの事実。

そんなワインセットについて、庶民が買うべきワインセットを伝授いたします。

ワインセットは大きく分けて3種類あり、

まず一つ目が、

在庫処分「激マズ」ワインセット

目玉ワインを1~2本入れておいて、その他を在庫処分と抱き合わせるワインセットです。。

もうね、、、、、これ、目玉以外のワインは痛い目見るの間違いないです。

見分け方は、このような「キーワード」が含まれていたら怪しいと思ってください。

  • 10本以上のお買い得、一本あたり〇〇円
  • 豪華金賞/〇〇賞受賞入り豪華セット。
  • パーカー高評価あり、超お買い得、期間限定セット。
  • 金賞ボルドー入り、豪華10本セット

二つ目が、

②テーマ別セット

こちらは、地雷も含まれるが、比較といった意味で買う価値あり。

キーワードは、

  • 品種飲み比べセット
  • 産地特集セット。
  • 世界のワイン飲み比べセット。
  • 同一品種飲み比べセット。

そして、最後に紹介するのは、庶民が狙うべきワインセットです。

お試しセット。

これは、販売店さんが、自信を持って作成しているワインのラインナップで、お試しで飲んでもらい、今後の単品購入につなげたい意図が見受けられるワインです。

例、

  • ニュージーランド〇〇社お買い得セット
  • 高評価売れ筋ワイン5本セット
  • 月替わりお任せ3本セット。
  • 高級ワイン2本セット

こんなセットは、本気で当たりワインしか入っておりません(確信)。

多少高くても、割引率を考えれば、「新たなワインの領域」に進むといった意味でも試す価値あり。

まとめ

結局のところ、本数が多ければ必然的に地雷もふえ、少なければ、いいワインしか入っていないとも言えます。

しかし、どんなセットでもそうですが、一番わかりやすい見抜き方は、

販売店さんでそのセットに含まれているワインが「単品」かつ「定価」売られているかどうか。

一本が地雷ワインなら、結局のところワイン一本あたりの単価は上がってしまいます。一本あたり〇〇円に騙されないで、スマートなお買い物をしていただきたいです。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:たいがくん(35)/年間個人消費500本以上のワイン中毒者/ブラインドテイスティングコンテスト日本一を目指しています。/毎日更新のワインテイスティング日記/一般庶民のワイン好きの皆様、アル中予備軍様にお役に立てる情報を心掛けております。/上級ワインエキスパート