オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ドイツ

水をかぶった早乙女 玄馬。

パンダ パーティー 2020 ヤン マティアス クライン 

Panda Party PetNat Riesling & Bacchus Jan Matthias Klein

参考小売価格:税込み3960円

産地:ドイツ・モーゼル

品種: リースリング・バッカス

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社イズミセ

最近のパンダキャラといえば、呪術廻戦がイメージされるようですが、昭和生まれの私にはらんま1/2にでてくる早乙女 玄馬が未だに連想されます。

さて、無濾過、無清澄、無添加にこだわるドイツの鬼才って触れ込みで購入したヤン マティアス クラインセットもいよいよラスト。

未知の味わいで度肝抜かれた「リジー スターマスト」に、欲していた味わいを見事に満たしてくれた「キス キス マディーズ リップス 」。どれも食事との相性でポテンシャルがバク上がりするタイプなのですが、私は今年飲んだワインセットで一番好きな部類。価格はシャンパンに匹敵するのですが、シャンパンが霞んでしまうほど虜になってしまいました。

今回のパンダも飲む前から大当たりは確定。

同じような感想になりそうなので、なかなか筆が進みませんでしたが、ボジョレーヌーボー飲みまくり月間なので、早いうちに書き終えることにしました。

まずはキャップを開けた状態から。

瓶口にヘドロっぽい物体が付着しており、「無濾過、無清澄」の証明がなされたといいますか、自然派ワイン好きにはたまらない勲章。

最初の一杯目の外観は透き通っていましたが、最後の一杯は透過性のない濁りで全く別物に変化。

もちろん味わいのグラデーションも多彩で、出汁の要素が日本食との相性を高めてくれます。

最初から最後まで食事をしながら飲んだので、ワイン単体で飲んだ時にどう感じるかは未知数ですが、少なくとも「自然派、ヴァン・ナチュール」ってジャンルが好きな人にはグッとくるワインですよ。

本日の組み合わせ

スタートは油揚げの素焼き。締めに、ぶり鍋、味の素の濃厚白湯で。

ペティアンと鍋料理はぜひとも試してもらいたい絶頂の組み合わせでしょ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com