オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ニュージーランド

ヴァン・ムスーやスプマンテ

オイスターベイ スパークリング キュヴェ ブリュット

Oyster Bay Sparkling Cuvée Brut

参考小売価格:2790円

産地:ニュージーランド

品種: シャルドネ

購入元:アマゾン

インポーター:日本酒類販売会社

ニュージーランドワインにハズレ無し?

シレーニ、ヴィラマリア、マトゥア、TKなど、シリーズ展開しているニュージーランド銘柄は満足度が高い印象があります。

今回のワインは、普段飲みにするスパークリングとしては高価格帯。しかし、シリーズコンプリート欲と、アマゾンタイムセールにつられて購入しました。

まずガス圧は高めで合格。

値段も高い為、瓶内二次発酵と認識して飲んでおりました。

調べてみるとタンク内発酵(シャルマ製法)でしたが、瓶内二次発酵だったとしても違和感ないクオリティです。

しかし、3千円近いスパークリングとしてはコクや深み、繊細さが無いですね。

第一アロマ(果実由来)中心のすっきり系タイプで、普段飲んでいる1000円以下の良質スパークリングとなんら代わり映えしません。

購入価格は1700円なので、かろうじて許容できるレベルですが、千円スパークリング3本分と考えると分が悪いです。

これが絶賛されるわけないとアマゾンレビューを確認すると「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」が多く、コメント見てても「飲みやすい」だとか「コルク開けるの楽しい」だとか、普段ワインを飲んでいない層が商品PRの為に書いているように感じました(この人達が身銭切って3千円で購入できるとは到底思えない)。

もちろん、「味」としては「美味しい部類」です。ワンコインのヴァン・ムスーやスプマンテをイメージしてもらえればわかるでしょうか。癖がないので「飲みやすい」のは間違いありませんが、そういった意味で初対面なのに既視感が強いです。

昨今の値上がりで四苦八苦してるからこそ、ワイン選びはシビアになってきますよね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Dランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com