オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

日本ワインらしさを言語化したい

かざまメルロー2020・甲斐ワイナリー

Kazama Merlot Limited Lot 2020

参考小売価格:2310円

産地:山梨

品種: メルロ

購入元:高知大丸

製造元:甲斐ワイナリー株式会社

今年のはじめに「2023年のテーマは日本ワイン」なんて息巻いていたものの、4月中旬で消費本数は20本。想定では週1〜2本ペースで飲む予定だったのですが、最近は鬼コスパシリーズの鬼コスパ加減に負けてペースダウンしております。

このワインは地元で唯一残っている百貨店(高知大丸)から購入。

アーケード内の店舗は駐車場が無く久しく足が遠のいておりました。しかし、所要で車を止めたいときなどは、逆に買い物すればお買い得。平日2000円以上のお買い物で日中車停め放題パーキングなんかあるので、2000円付近のワインを物色して購入。駐車料金を考えると実質無料みたいな考え方もできちゃうわけです。

和食を食べるタイミングで開てみました。

香りは華やかさと果実由来の甘い香りが調和していて心地よいです。香りだけでも楽しめるタイプなので、2千円の日本ワインとしてはこの時点で勝利確定。

ボディーは軽めですが、酸味とタンニンしっかりで骨格もガッチリ目。

説明書きの「樽香」はキャッチできませんでしたが、普段わざとらしい樽香になれてるので、感覚が麻痺してるかもしれません。

メルロらしさというよりは、日本ワインらしい繊細さと複雑さがあり、飲み疲れしない飲みやすさが様々な料理に寄り添ってくれそうです。

百貨店って仕入れ基準高そうですし、ある意味穴場かもしれません。駐車場目当て定期的に偵察行きたいところです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com