オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ポルトガル

ジャンクフードに安ワイン♪

エスポラン ペ ティント ポルトガル 2019

ESPORAO Pe Tinto 2019

参考小売価格:1200円

産地:ポルトガル・アレンテージョ・ヴィーニョ

品種: モレト、カステラオン、トリンカデイラ

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

ピザに合わせるワインを考えた時、本来ならリースリングや安泡あたりをチョイスするのですが、ミート系を注文したので無難に赤を選択。

香りは化粧っ気のある濃厚で人工的なアロマ。無果汁清涼飲料水にアルコールを添加したようなネガティブな第一印象でしたが、ピザを食べながらだと全く気になりません。

食後に冷静になって飲むと、甘くてジャンキーな味わいにグラス1杯でグロッキー状態に

オンライン飲み会や、お菓子を食べながら映画など、気を紛らわしながら飲むの推薦です。

本日の組み合わせ

出前館の−1700円クーポンを使ってシカゴピザ。血糖値が急上昇して完食後に頭痛。

ワインでグロッキーになったというよりは、ピザ食べすぎて気分悪くなったようです。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Fランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。