オーストラリア

お高いやつは、滑らかで口当たりの良い「シラーズ」。安物とは完全に別物

デラタイト シラーズ 2012

DELATITE Shiraz 2012

参考価格:3850円

購入価格:0円(勉強会のハイエナワイン)

産地:オーストラリア/ヴィクトリア州 

品種: シラーズ

購入元:ヴァンヴィーノ(勉強会の場所)

インポーター:ヴィレッジセラーズ株式会社

庶民のワインポイント:3.71点

こちらも今週の勉強会でハイエナさせていただいた1本。

当研究所のイメージでは、オーストラリアのシラーズは、ピリッとしたスパイシーさがないので判別が難しい品種。しかし、濃いめの色調や、濃厚な果汁味に特徴があり、月初の勉強会では的中させて分かったつもりでいました。

しかし飲む順番、出される順番、出題者の傾向などのフィルターが、判断を鈍らせるとはまさにこのこと。今回は大恥です。

同時に出てきたのがこちらの3種類

「マスカットベリーA」「サンジョベーゼ」「そしてこのシラーズ」

酔いが回っていたと言うのは言い訳になりますが、

外観が全部ピノ・ノワールに見えたんですよね。

そうなると、舌はピノ・ノワールを受け入れる体制になってしまい、もう脳内は生産地を巡らせてるわけです。

で、私の回答は

「南仏ピノ・ノワール」「NZピノ・ノワール」「カリフォルニアピノ・ノワール」と見事惨敗。

現状、ブラインドコンテスト日本一までの道のりは、そう容易くないみたい。

今日も朝から飲まなくては(ニッコリ)。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:ー

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:4点

インポーターさんから拝借

熟したブラックベリーを胡椒の風味が縁取り、スパイシーで深みのある香り立ち。クリアな果実味をきめ細かいタンニンが覆い、活力ある余韻が長く続く。バイオダイナミック栽培のブドウを自然発酵させ、フレンチオークとアメリカンオークで18ヶ月樽熟成(新樽40%)。

http://www.village-cellars.co.jp/search/detail.php?wineid=9816&VLGCLLRS=ihcbyajrdeqo

アロマ:4点

黒系果実がドッカン。なぜこれをピノ・ノワールなんて思うのか(呆)

複雑性:4点

余韻:4点

たいがくんポイント:4点

どことなく「ギガルのクローズエルミタージュ」に似ている味わい。

シラーなのに、まろやかで心地い、厚みのある喉越し。安物(ハズレ)シラーは独自のスパイシーさにトゲトゲしさを感じとっても苦手ですが、やっぱお高いやつはええですね。でも、オーストラリアの千円前半シラーズは、未だ未経験なので、検証してみたいところ。

総合評価:3.71点

お勧めできるワインでしたが、リンク貼れなかったので、代わりにクローズエルミタージュ貼っときます。広告貼ってない分、たまには買ってね(モチベーション維持)。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント