オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

中身で勝負してそうなパッケージ

バンロック・ステーション・カベルネ・ソーヴィニヨン 2L 

Banrock Station Cabernet Sauvignon 2L

参考小売価格:1628円(2リットル)

産地:オーストラリア

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:イオン

インポーター:コルドンヴェール株式会社

映画の帰りはイオンのリカーショップをパトロール。

箱ワインは3リットルサイズが主流ですが、2リットルがリスク回避できる意味でもちょうど良いです。

今回はオーストラリアのバンロック・ステーションをシリーズコンプリート買い。

ダンボール素地のパッケージって中身で勝負してそうな雰囲気がでてるので、全種類手にとってみました。

まずはカベルネ・ソーヴィニヨン。

色調は黒紫で年生も高め。甘くて濃いタイプを身構えます。

バニラ、ハーブ、コンポート果実。ケミカルな引っかかりでアルコールが浮いているのでバランスは悪いです。中程度の厚み、酸味とタンニンはしっかり目。

酔ってから飲む追い込みワインとして使えますが、その日の1杯目にもってくると「うわぁ」となるでしょう。

味覚がなれてくると普通に美味しくいただけますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com